大量のボトックス注射を行った場合

大量のボトックス注射を行った場合

注射を行うことにより皮膚に残る注射の痕や内出血、痛みが出ることもあるのです。顔のシワの改善や小顔効果が人気のボトックスには、副作用や後遺症がでたという例があることもご存知おかなくてはいけない。

大量のボトックス注射を行われた場合は頭痛や風邪の軽度な症状を起こす人もいますが、こちらもとりあえずなものであるので心配は無く数時間で回復することの方が多くなったのでは。ボトックスはアレルギー反応がまったくないと言い伝えられていますが、極稀にアレルギーが出て行く人もいるようです。

これらは数時間〜数日で治るので心配のない部分です。品質の格好ボツリヌストキシン製剤であるそしたら体内で菌が発生したり、アレルギー反応を起こしてしまうでしょうということもほとんど欠如といえます。

瞼が降下してしまうと外見的な問題だけでではなく、視界の悪化につながります。ある意味表情を動かす力が弱くなるため、笑顔が不自然となりましましたり、瞼が下がった眼瞼下垂を起こす事に繋がります。

体質的に目眩や吐き気、発熱といいました症状が出る人もいます。額や眉間に施術をした人の1%の確率で発生すると言い伝えられいるが、すべての場合位は2週間ほどで改善します。

この上なく有名なものはボトックスに使われているボツリヌストキシンの麻痺効果が強すぎた事によりまして、注射後に施術を受けた付近の筋力低下が発生する「局所顔面神経麻痺」です。ボトックスの主要成分のボツリヌス菌が食中毒菌であることを心配する人も無数ですけど、毒素を精製したタンパク質を使っていますので安全性は高く、毒素に対しての心配は必要ないです。